>

工務店の営業形態別の特徴

大きな工務店の種類

リフォーム専門:新築住宅を得意とすることの多い工務店の中でも、新築を取り扱わずにリフォームのみに特化した店も存在します。
ハウスメーカー下請け:分譲住宅会社やハウスメーカーからの注文に特化した工務店です。ハウスメーカーなどを通して依頼をするため、直接関わることはほとんどありません。
フランチャイズ型:大手のハウスメーカー等とフランチャイズ契約をしており、建築プランや建材手配を行う本部が存在します。統一したブランドイメージを持つ為、完成形が想像しやすい利点があります。ただし、本部への仲介費などでやや料金が割増になります。
また、大手ハウスメーカーがしっかり計画した建築プランで、地元に根付いた工務店が実際に施工するという点において、要望通りの仕事をしてくれる工務店であればメリットであると言えますが、逆にデメリットともなりうる可能性が存在します。

地元密着型の特徴

地元密着型の工務店は、基本的に家族経営など、小規模な営業形態を取っていることが多くあります。
小規模であればその分、社長などの責任者と直接顔を合わせて打ち合わせをすることが出来る為、大手では嫌がられるような要望であったり、細かい注文でも聞き入れてもらえる場合があります。
また、大手のように仲介を挟むわけではなく職人と直接連絡しあえるため、休日や時間外であってもロス無く打ち合わせをすることが出来ます。
広告費などの余計な費用がかからないので、工事費を安く済ませることが出来るのもメリットです。
少人数で経営しているが為に、専門に特化している場合が多く、そこに要望が合致すれば何の問題も有りませんが、専門外の注文であれば、出来上がりに不満が出てしまうかもしれないので、依頼前によく確認しておきましょう。