>

良いリフォーム店を選ぶには

リフォーム会社と工務店の違いまとめ

リフォーム会社は設備メーカーから派生するなど、様々な業務形態からなるものがあるものの、基本的には大手であるがゆえのブランドという安心感が売りの一つです。システム化した顧客管理や工事の進行により、スムーズに工事作業を進めることが出来ます。アフターメンテナンスやアフターサービスなどの保証面が充実していることも特徴と言えます。
デメリットとしては、工事自体を直接請け負うのは下請けであり、その仲介料などによって費用が高くついてしまうことです。

工務店は、少人数の小規模経営をするところが多いため、大手と違って施工をする職人と直接連絡を取り合い、打ち合わせをすることが出来るので、細かい要望を聞いてもらうことが出来ます。
また、余計な費用を抑えて工事費を安く済ませることが出来ます。
デメリットとしては人数が少ないゆえに専門外の発注には対応しかねるという点です。

良いリフォーム店を選ぶには

ここまで様々な業務形態別に、リフォームを手掛ける企業のあり方を解説してきました。
もし、ユニットバスやトイレなどの水まわり設備、コンロや洗面台などの設備を中心としたリフォームが目的ならば、それらのメーカー会社にリフォームを依頼するのが良いでしょう。
特に細かな要望がなく、依頼から工事まで素早く簡単に手続きを済ませたいのならば、大手のリフォーム会社を選べば手間がかからないでしょう。
工事費用を安く済ませたいのであれば、地元の工務店を尋ねるのが良いでしょう。

自分の目的、要望にあった会社を探し出すのがポイントです。
ただし、リフォームというのは物品売買のように形のあるものではなくサービス業です。なのでサービス内容や料金はその店次第となります。得意とするところも異なるため、いくつかの会社に見積りを依頼し、比較するのも重要です。